ジョブカン労務管理のお知らせ

平成29年度税制改正に対応しました!

「ジョブカン労務管理」平成29年度税制改正に対応しました。

平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われました。
それに伴って、以下の機能を追加・改善しました。

① 「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」自動作成
② 従業員情報に「今年の年間収入見積額」「今年の年間所得見積額」欄追加
③ 「税法上の扶養家族」として登録できる配偶者の年間所得の上限を、38万円から85万円に引き上げ

もう法律改正、様式変更に手間を取らせません。
税制改正対応はもちろん、新しい様式の帳票も自動作成できます。

① 「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」自動作成


入社日、扶養異動日が2017年の最終締め日以後の場合、平成30年の様式に合わせて帳票を自動作成いたします。

例)「締め日:末日」の場合→「入社日:2018年1月1日以降」の入社の手続、「扶養異動日:2018年1月1日以降」の扶養の変更に関してそれぞれ平成30年分が自動作成されます。

・平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の例

被扶養者の「年間所得(1~12月)」、従業員本人の「今年の年間所得見積額」から自動で「源泉控除対象配偶者」「同一生計配偶者」を計算し、帳票に正しく出力されます。

② 従業員情報に「今年の年間収入見積額」「今年の年間所得見積額」欄追加


「今年の年間収入見積額」を入力すると「今年の年間所得見積額」が自動計算されます。
※詳細の計算方法については国税庁HPをご覧ください。

被扶養者に配偶者がいる場合は、「今年の年間所得見積額」の値も考慮して、源泉控除対象配偶者を判定します。

・年間所得見積額自動計算の例

③ 「税法上の扶養家族」として登録できる配偶者の年間所得の上限を、38万円から85万円に引き上げ


従来では、「税の扶養対象」を「控除対象配偶者」「控除対象扶養親族」としていたため、扶養者の年間所得が38万円を超えた場合、扶養に追加できませんでした。
今回の改正で、「源泉控除対象配偶者」が新設されたため、配偶者のみ、年間所得85万円まで「税の扶養対象」にすることができるよう変更しました。

・年間所得85万円を超えた時の表示

今後もお客様の利用に不便がないように制度改正に素早く対応いたします。

より良いサービスを提供するためにお客様の声をお待ちしておりますので不便なところや改善点・要望などがありましたらいつでも気軽にご連絡ください。

※平成29年度税制改正の詳細については、国税庁HPの「平成30年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて」をご覧ください。
※2018年リリース予定の「ジョブカン給与計算」では、これらの情報を基に、「扶養親族等の数」も自動で計算される予定です。

■本件に関するお問い合わせ

株式会社Donuts
『ジョブカン労務管理』担当
TEL :050-3187-5588
Email: info@lms.jobcan.ne.jp